医療法人幸恵会 カツベ歯科クリニックの歯周病・歯槽膿漏の検査法

大阪の歯周病・歯槽膿漏治療センター「医療法人幸恵会 カツベ歯科クリニック」では、質の高い治療を行うために検査に力を入れています。精密な検査を行い、歯周病の進行度をしっかり把握。歯周病の小さな予兆も見逃しません。歯周病になりたくない方も、予防のためにぜひ定期的に検査を受けられることをおすすめします。

プラークの付着検査 プラークの付着検査染め出し液を使ってプラークを赤く染める検査です。より濃く染まった部分ほどプラークが溜まっていることを示します。検査結果は、プラークの除去に役立てるほか、毎日のブラッシングの改善にも活用します。
歯周ポケット診査 歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)は歯周病の進行度がもっともよくわかる場所。ものさし状の器具を歯周ポケットに差し込み、歯周病の進行度を把握します。
CT検査 CT検査歯周病を放置すると、歯周病菌が出す毒素によってあごの骨が溶かされていきます。CTで撮影して、骨の密度を測定して歯周病の進行度を確認します。
細菌検査 口腔内の歯周病菌の種類と量を測定するための検査です。歯周病菌のデータは、適切な治療法の検討に活用します。
動揺度検査 動揺度検査歯周病が進行するとやがて歯がグラつきはじめます。この程度を歯科では「動揺度」といいます。動揺度が高いほどグラつきがひどく、歯周病が進行していることを示します。

当院の歯周病検査に用いる機器

1.CT

CT

CTの解析データを確認することで、あごの骨の量を正確に把握できます。歯周病の進行度と歯の寿命を測定します。

2.マイクロスコープ

マイクロスコープ

肉眼では確認できない細かい部分を捉えることができ、より精度の高い治療を実現します。
高倍率下で、より精密な切開、縫合などが可能で、マイクロスコープを用いた処置は、肉眼で行う処置と比較し、痛みが少なく治りが早いのがメリットです。

3.ハンドスケーラー

手で直接持って手動でプラークや歯石を取り除くための治療器具です。

4.超音波スケーラー

超音波の振動を利用してプラークや歯石を取り除く治療器具です。ハンドスケーラーでは取り除けない細かい汚れも除去できます。

歯周病の症状と治療法

進行段階 症状 治療法
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。歯磨きの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。
  • 歯磨き指導(TBI)
    正しい歯磨き方法をマスターすることで、歯周病の治療や予防につながります。
  • スケーリング・ルートプレーニング
    スケーラーという器具を使って歯周ポケットからプラークや歯石を除去します。さらに、削った部分をなめらかに仕上げることで、汚れが付着するのを防ぎます。
  • 歯周ポケット掻爬(そうは)術
    麻酔後、炎症を起こしている歯肉を切り取り、歯周ポケット内のプラークや歯石を取る処置です。手術後、削り取った歯肉は再び歯にくっつきますのでご安心ください。
  • フラップ手術
    歯周病が進行し、歯周ポケットの奥に溜まったプラークを取り除くために行う手術です。炎症を起こしている歯ぐきを切開し、歯根にこびりついたプラークや歯石を除去します。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが腫れ、歯磨きの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、4mm程度です。
中度歯周炎
中度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶かされた状態で、歯を指で押すとグラつくようになります。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、6mm程度です。
重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶かされた状態で、歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が見えてきて、歯と歯ぐきの境目からは膿が出て、口臭がよりきつくなります。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、8mm程度と非常に深くなります。

重度の歯周病で溶けた骨は再生できます

歯周病が重度まで進行すると、あごの骨が溶かされてしまいます。当院ではこの溶かされた骨を再生する治療(再生療法)を行っています。

【再生療法】

GTR法

歯周組織が失われた部分を人工膜(メンブレン)で覆い、再生を促します。歯周組織が再生したら、膜を除去して完了です。

エムドゲイン

薬剤を歯周組織が失われた部分に注入して再生を促します。GTR法のように膜を除去する必要がなく、短期間の治療で完了します。

症例集

大阪歯周病・歯槽膿漏治療センターにて治療を行った事例をご紹介します。初期の歯周病から末期の歯周病まで対応できますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

case1  中度の歯周病患者

歯周病治療前
Before

歯周病治療後
After

case2  歯周病治療から審美歯科治療まで行ったケース

治療前
治療前

歯周病治療後
歯周病治療後

審美歯科治療後
審美歯科治療後

case3  重度の歯周病患者・総入れ歯を免れたケース

歯周病治療前
Before

歯周病治療後
After

治療の流れ